ULTEGRA BR-R8000に換えましたよ♪ 2020-05-24

通勤の電車・バスを嫌って自転車に切り替えて4ヶ月とちょっとが経ちました。

おじさんの勤め先では幸運にも感染者ゼロ。

時差通勤・在宅勤務・各工場の入り口の管理・出入り業者を極力入館させない・飲み会禁止

とりあえず出来そうなことは緊急事態宣言より早く取り組んでましたね。

おじさんに限って言うと、朝6:00過ぎに家を出て自転車で会社に向かい、仕事が終わったら

勤め先から自宅に自転車でまっすぐ帰宅。要するに自宅と勤め先の往復のみ。

仕事のメンバーと家族以外は誰とも接触しないの。

これ以上、接触者減らしようが無い状況ね。

さらに、帰宅するとまず一番に入浴ね。都内に毎日通うおじさんが一番危ないもんねwww

これ以上、気を付けようがないなwww

こんな生活を続けると「つまらなそうね」とか「単調で地味」なんて思うでしょ?

なにげにおじさんは平気なのよねぇ。

いろいろ楽しみはあるものでしてね。

仕事帰りの通勤時間の最短時間を狙って走るとかね

風向き・信号のタイミング・良い感じのトラックの後ろが揃うとかなり短い時間で帰宅ね。

あ、トラックの後ろでドラフティングはダメよね・・・

絶対に信号無視はしないという前提なので速度を上げすぎてもダメ。疲れるだけwww

赤信号にならないタイミングになるようにゆっくり走ったほうが好結果の場合が多いですよ。

まぁね、信号無視の自転車にはかないませんけどね・・・

でね、今までのベストタイムは54分。電車・バスで90分だからなかなか速いでしょ?

最近慣れてきたので、通勤時間短縮できるし、交通費は節約できるし、

汗かいた後の「お酒」が旨いこと!!考え方ひとつで、 結構良いものですね。

単調な生活で買い物なんかは当然行かないし、浮いた交通費は貯まる一方!

でね、↓これwww

P5045230-20200524.jpg


なんとなく買ったわけじゃないのよ。

雨の通勤時、どこのメーカーかわかりませんが通勤号のブレーキが壊滅的に効かなくてね。

20kmで走行時、ブラケット握ってブレーキングするとおよそ15mでどうにか止まるという状態。

これじゃ危なくって都内の一般道走れないもんね。

かといって雨の通勤用にわざわざディスクブレーキの自転車買うのはどうかなと。

で、おじさん無い頭絞って考えましてね。

BR-R8000をFENIXに→FENIXのDURA BR7900をママさんのバイクへ→

ママさんのBR-5800を通勤号へ。ということに。


FENIXにULTEGRAを。

P5065263-20200524.jpg


ママさんのバイクにDURA。バランスとしておかしいかな?

非力なママさんにはかえって良いかと思いますしね。

P5065261-20200524.jpg


で通勤号に105ね。

P5065258-20200524.jpg

P5065259-20200524.jpg


俗に言う「ところてん式」でしょうか?www



特に今回、BR-R8000に差し替えた一番の理由は「スタビライザー」と呼ばれる

部品の存在。

機械好きのおじさんはこの辺りの構造にヤラレちゃうのよね^^

どう考えても剛性が上がるに決まってるもの。

「握力から生ずる制動力」ですので、あとはブレーキ本体とフレームの剛性の問題。

たわんだり、ゆがんだりして握力がうまく制動力としてホイールに伝わらないだけよね。

握力とフレーム剛性は置いといてブレーキ本体の剛性は見逃せませんね。

まぁ、時代は握力とは無縁の油圧ディスクブレーキですから、

こんな考え方は全く意味が無いかも知れません。

「昔はキャリパーブレーキなんてのもあったんだよ!」なんて具合に

キャリパーブレーキ自体が絶滅危惧種なのかしら?www

とはいえ今更ですが、BR-R8000どんな感じかしらね?

楽しみ♪

ではまた!!




しかし、通勤費が浮いて小金が貯まるとすぐに使いたくなるというねwww
おじさんは筋金入りの貧乏だわね・・・
そんなおじさんに応援の「ポチッ」お願いね


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック