カーボンフレームの補修について その2 2018-1-19




前回の傷補修のもう少し難易度の高い補修ね。

HAYABUSAの傷直して調子こいてるワケじゃありませんからね。

おじさんにとってはかなり難しかったのよ。


ある日の走行会、帰路でのこと。

お仲間のバイクが強風に飛ばされましてね。傷だらけ・・・

左のフォークとシートステーがエライことになってる。

コレがまた高価なバイクでね。とっても気の毒・・・


色的にはおじさんとおなじ白・赤・黒なので修理は出来そうなのですが・・・

問題は「黒のつや消し」オリジナルの質感に近い塗装ができるかどうかよね。

というかおじさん、未経験・・・

チェーンステー部分の傷は赤・白・黒・黒つや消しをまたいでるのよねぇ・・・

なので「傷消しましょうか?」とはその場では言えませんでしたよ。


ところがね、帰宅してから大切なバイクの傷を目の前にして

とても悲しそうな顔がひっかかちゃってね。

おじさんよせばいいのに「修理してみます!」って言っちゃったのよ。

もちろん高価なバイクですし、軽い気持でそんなこと言えないのでね。

気合入れなおしましたよ。


てなわけで少しの間だけ「うちの子」になったSタマちゃん♪

P9101776-2018-01-20.jpg


良いバイクが我が家に来た!ということでママさん、娘とあれこれ「おさわりプレイ」www


実物の電動コンポを知らないママさんは「なにこれ!」を連発。

挙句の果てに「これ良いね!欲しい!」だってさ。

娘も「ママがつけるのはおかしい!私のほうが欲しい!」なんてわけのわからない状態にwww

盛り上がったのはいいのですが、はっきりしておきますね。


おまいらには絶対必要ないからっ!


はぁ、スッキリした!www




また話がそれましたね m(__)m

傷補修のお話に戻しましょ!www



まずはフロントフォーク。オーナーさんがとりあえずタッチアップしてありましたよ。

P9031699-2018-01-20.jpg


本当は、このタッチアップした塗料を傷の形にあわせて研ぎ落として薄めのクリアブラック塗料を

盛って直そうかと思ったのですが、翌週のレースで出来れば使いたいとのことでしたので、

黒の塗料はこのままにしました。容赦なく水研ぎね。

P9031701-2018-01-20.jpg


水研ぎ後。まだ傷の凹がありますね目検討ですが深さは0.1~0.2mmというところでしょうか?

P9031702-2018-01-20.jpg


さらに少量の塗料を乗せます。その後、乾燥させてさらに水研ぎ&仕上げ磨きね。

P9051742-2018-01-20.jpg


フロントフォークは完了ね。強い直射日光を面直にあててみないともうわかりませんね。

よ~く見るとわかるけどねwww


ここからが問題ね。

P9031703-2018-01-20.jpg


画像からはわかりにくいかもしれませんが、マットブラックと白のラインをまたいで傷。

ちなみに白ラインの下側はグロス(艶あり)ブラックです。

P9031706-2018-01-20.jpg


さらにTARMACの部分も赤とマットブラックをまたいで深めの傷。

こうなるとどうやって直すか悩むというか、悩んでも良い考えが浮かばないのでさっさと作業ねww

塗料はブラックは先日の記事でも使っていた日産のブラック

P9051722-2018-01-20.jpg


↑赤はマツダのコレね。

P9051720-2018-01-20.jpg


白はトヨタのスーパーホワイト。実はヴェルファイアのタッチアップ用ねww



まずは黒をタッチアップ。

P9031707-2018-01-20.jpg

P9041718-2018-01-20.jpg

P9041719-2018-01-20.jpg


傷が深めだったので最初は塗料多目ね。塗料を盛っては水研ぎを平滑面になるまで繰り返しますよ。

妥協は許されませんよ。なんたっておじさんのと違って高級車ですので^^

続きまして白。

P9051721-2018-01-20.jpg


トヨタのスーパーホワイトがかなり色調が近いというかほぼ同じに感じましたね。

P9051724-2018-01-20.jpg


まだ境界に「にじみ」がありますね。コレもわずかにマスキングをずらして再度、塗料を盛れば

完璧になりますよ。



色をまたいだ傷の修復の手順はおおよそ以下の通りね。他の部分も一緒ね。

この作業何回繰り返したんだろ?←やった本人がわからない?頭悪いのか?

1滲んだ部分を水研ぎ。

2白のにじんだ部分をわずかに黒側にずらしてマスキング。

3黒の塗料を持って乾燥後に水研ぎ。黒の塗料で紙一枚程度の高さの段差が出来ます。

4黒の段差にきっちり合わせてマスキング←シンプルだけど難しいよ!老眼だから・・・

5白の塗料を盛って乾燥後に黒と一緒に水研ぎして平滑面に。


今回は、おじさんの限界までギリギリを狙うのでさらに秘密兵器ね。




ドラムロ~ル♪ いらないか?www




P9051728-2018-01-20.jpg


これね、安全ピンですよ。ピンポイントで塗料が盛れますのでね。

色の境界以外の部分はマスキング無しでポチッとね。

P9051737-2018-01-20.jpg


もちろんいつもの「つまようじ」も大活躍ね。

TERMACのロゴの部分はカーボンの地の上に白、その上に赤という具合に鮮やかな発色を考慮

した塗装がされていましたよ。

ただね、軽量バイクですのでそれぞれの塗膜厚が必要最小限。薄いのよね。

おじさんのFENIXの塗膜厚の厚さがよくわかりましたね。だから重いのか?ww


そうだった、もう一つ秘密兵器が!←ブログで書いたら秘密じゃないでしょ!



ドラムロ~ル♪ 「しつこい!」って誰か言ったか?


P9051739-2018-01-20.jpg


画像には無いけど電気スタンドとママさんが持ってた百均の老眼鏡~!(爆)



だって見えないんだもの・・・暗いとさらに見えないし・・・

歳はとりたくないもんだわね(しみじみ)


こんな感じの、地味~な作業を毎晩コツコツとねwww

「おじさんがぁ~♪ 夜なべ~をしてぇ♪ バイク~の傷消したぁ~♪」状態。

なんか「華」が無い状態よね?知らない人が見たら理解不能だろうねwww


P9051740-2018-01-20.jpg


だんだん直ってきたでしょ? ピンボケだけどねwww




で、最後に問題のつや消し塗装。

P9071748-2018-01-20.jpg


白と赤のロゴ部分をマスキングして、それ以外の養生も忘れずにね。



その結果・・・

P9071753-2018-01-20.jpg

P9071754-2018-01-20.jpg




全然質感ちがうやないかい!!失敗だな!!って思った?




いえいえ、おじさんもちょっとビビリましたけど一応、「想定内」。

オリジナルと質感は合わないだろうと思ってましたので最後に磨いてつや消しの具合を調整するしか

おじさんには出来ませんでしたね。コレがかなり繊細でして・・・

大雑把なおじさんは一番苦労しましたよ。ちょっと磨きすぎると艶っぽくなっちゃうのよねぇ。

一発勝負では不安なので目立たない裏側の狭い範囲で磨く具合を練習ねww

画像は乾燥途中なので特にガサガサですがね。さすがに合わせられるか不安でしたね。

P9081764-2018-01-20.jpg

P9101765-2018-01-20.jpg


ようやく修復完了~!

時間をもっとかければさらに完成度は上げられたと思うのでおじさん的には80点の仕上がりね。

こんなこと書いたらオーナーさんに怒られちゃいますかね?

ご本人に聞いてみたところ、「大丈夫!」とのことなので一安心!

しかし、良いバイクだなぁ。

うちの子になっちゃえばいいのにね。←あんたの脚には似合わないでしょ?ww


特別な設備も道具も使わなくても、そこそこなんとかなりますよ!

時間かけて、気合と根性さえあればね←うそつけ!気合も根性もないだろ?

ではまた!




気合と根性?お金も脚力も寿命もだろ?って聞こえた気がする・・・
余計なお世話です!ほっといてちょうだい!!
そんなおじさんに応援の「ポチッ」お願いね!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりましたが拝読しました。
こんなに広範囲の大工事だったとは、
仕上がり見て全然わからなかったです。
すごい技術と根気だと思います。

私も現場にいて居たたまれなかったので、
このような情熱が注がれたことに少し救われました。
↑お前が救われてどうすんだって?^^;

あらためて本当にお疲れさまでした。m(__)m



>ケチ衛門さんへ

褒めて頂いて嬉しいです^^

技術は無いんですよ。根気だけ。やる気だけは有りますのでwww
知ってる範囲で、許される時間の範囲で最善だと思われることをしただけですよ。

時間も費用も無制限一本勝負だったら、もっとスゴい事できると思う!←勘違い

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック