カーボンフレームの補修について その1 2018-1-14



カーボンフレームの傷隠しは以前UPしたことがあるのですが、

その時よりも簡単な方法をご紹介しようと思います。

ただ、浅い傷の場合ね。強度に支障があるような重傷はダメですよ。


HAYABUSAの傷消しのついでにFENIXの傷も消してみようかなと。

ふと気がつくと傷がついてる事ってありませんか?

おじさんはあるのよねぇ・・・


P8271587-2018-01-14.jpg


こんな感じ。おそらく風の強い日なんかに横に倒して置いた時についた傷かな?←覚えてないww

こんな感じの浅い傷は比較的簡単に消すことが出来ますよ。

とくにおじさんのFENIXは黒ですのでね。さらに簡単。

補修に必要なものは以下の通りです。

1 耐水ペーパー
2 マスキングテープ
3 塗料
4 ピカール(缶)

こんなところかしらね。

まぁ、近い色の塗料を探す、もしくは入手するのが一番難しいのかな?


まずは、耐水ペーパーを水で濡らしながら水研ぎ。かなり傷が小さくなります。

P8271594-2018-01-14.jpg


ただ、ロードバイクの塗装って結構薄いのよね。「軽量」が売りですからね。

あまり派手に研ぐとカーボンの地が出ちゃいますので←経験者は語るwww

まぁ、カーボンの地が出ても塗装すればいいんですけどね。

FENIXしかわからないのですが、黒とはいってもカーボンの上にクリア塗装ではないみたい。

おそらくブラッククリア(透明と黒を混ぜた塗料)なのかなと。

カーボンの上にブラッククリア塗装、その上にクリア塗装という具合でしょうか。


で、軽く水研ぎを終えたらいよいよ傷消し。

本当は、わずかに残った凹傷に瞬間接着材もしくはクリア塗料のほうが、

本来のカーボンの質感のままの仕上がりになるんですが、時間短縮のため黒の塗料で、

しかもタッチペンねwww

瞬間接着剤で硬く固めた後にクリアを塗って(盛って)平らに仕上げるとどうしても時間が

かかるのでね。


P8271595-2018-01-14.jpg

P8271597-2018-01-14.jpg


FENIXの場合、日産用スーパーブラック使ってます。←それでいいのか?

まぁ、細かいこと気にしない方なら黒なら何でも良いのですがね。

P8271599-2018-01-14.jpg


でペタペタ塗って・・・

P8271606-2018-01-14.jpg


よく乾燥させて・・・

P8291619-2018-01-14.jpg


♯1000~♯1500程度の耐水ペーパーで平らになるまで水研ぎ。

画像の白い部分が元々の塗装面。黒い染みみたいな部分が傷だった部分ね。

ピカールで磨き上げるとすぐに鏡面になります。

P8301626-2-2018-01-14.jpg


白く楕円で囲った部分が傷を消した部分ね。ほとんどわかりませんね。たぶんねwww

今回は、一番 手抜き 簡単な方法。お金も余りかかりませんよ。

まぁ、「黒」が一番簡単ですが、同じ黒でも「つや消しの黒」は難しいんだなコレが。

マットブラックはおじさんも未体験ゾーンですのでね。

あと中間色も。たとえばチェレステカラーとかね。

有名な色は調色のデータもネットで公開されてますけど塗料を作るもしくは手に入れるのに

お金かかるだろうなぁ。

よかった、おじさんのバイクも娘のバイクも赤・白・黒!しかもグロス(艶あり)で!

あ、ママさんのバイク、オール中間色でマット(つや消し)仕上げだった・・・

傷ついたら放置プレイだな (゚∀゚)!!

中間色・マット仕上げだけは手を出さないぞ!ぜったい手を出さないんだからっ!←ダチョウ倶楽部?





「傷消しても速くならねぇぞ!」って誰か言った?
そりゃぁそうだけど・・・
遅い分、せめてピカピカのバイクのほうが良いような気がするのよねぇ・・・
そんなおじさんに応援の「ポチッ」お願いね!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック