ウェット路面走行後のBB(PF30)周りメンテ 2016-07-21



おじさんの相棒は納車後1週間で異音が出ましてね。

原因は単にPF30のアダプターの部品不良だったのよね。珍しいケースみたい。

およそ、1年8ヶ月のあいだ全く問題ないですけどね。

でもね、掃除魔のおじさんですから、雨でなくても濡れた路面やちょっとした水溜りも

気になっちゃうのよね。渋峠で路面の濡れていたところがありましたのですぐにお掃除www

P7230876-160721.jpg


↑ね?細かい砂粒と言うか粒子が結構付いてるでしょ?一応シーリングみたいなのはあるんだけど

無駄なものを省いて軽量さを突き詰めている競技用自転車ですから、

防水・防塵についてはちょっとばかり貧弱ね。

細微な濡れた路面や水溜りや乾いたホコリなどが付着してBBを痛めそうな気がしてね。

出来ればベアリングの打ち直しなんかしないほうがいいじゃないですか?

気になったらもうダメ。おじさん、掃除魔なのでwww



P7230879-160721.jpg


チェーンリング側にも一応Oリングはありますけどね。

P7230877-160721.jpg


汚れてる!!ワ~イ!←なにが嬉しいんだ?

P7230882-160721.jpg

P7230885-160721.jpg


外したついでにチェーンリングもお掃除ね。



あら?こんなところにサビ?!

P7230887-160721.jpg


ここは鉄(工具鋼)だね。熱処理はしてあるけどね。サビるわね。真鍮のブラシでゴシゴシね。

888P7230888-160721.jpg


では恒例のベアリングのシールド、オープンね。

P7230889-160721.jpg

P7230890-160721.jpg


ちょっと汚れてますねぇ・・・

P7230893-160721.jpg


BBの内側にタオル詰め込んで、パーツクリーナーで汚れたグリス流して。

エアーブロー(自宅にコンプレッサーがあるので)で乾かしてグリス充填して完了!

以前にもBBのグリスアップの記事はUPしたのですが、

今回の方が汚れてますね。およそ2500km走行後ねウェット路面の走行は渋峠1回のみ。

やっぱり汚れるのかな?ウェット路面って。

まぁ、おじさんの場合は掃除が趣味みたいなものなので苦にはなりませんけどねwww



でね、まだ掃除したいところがあるのよね。ヘッドまわりね。

絶対汚れてると思うのよね。だいたい1000kmも走ればかなりの汚れ具合のはず。

お楽しみに♪←それはおまえだけだろ!





汚れたヘッド周りの画像なんか見たくない?そんな情報いらない?
まあまあ、そんなことおっしゃらずに、見て下さいな。
そのうち癖になりますから。
汚れを発見するとワクワクして掃除したくなりますのでwww
変態掃除魔おじさんに応援の↓「ポチッ」お願いね!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック