富士ヒルクライム 下山の装備について 2016-06-16



富士ヒルの2日前まで雨予報でしたね。

心配性のおじさん、「雨だったらどうしよう・・・」なんてさんざん悩みましてね。

どんどん頭の中で悲惨な状況が増幅されまして、

ストレスで髪の毛が全て抜け落ちるかと思いましたよwww


装備がどうなったかということを備忘録を兼ねてUPしてみますね。

参考になるかどうかはあまり自信がありませんので、あしからず。



下山用の装備を悩みだした日に見た6/12の予報は、降水確率90パーセント。

標高2000m付近の予想気温は13℃。南西の風4m。だったかな?


これを見たおじさん、「ダメだこりゃ。死ぬな。」が率直な感想←小心者ww

雨確実という前提で準備開始ね←雨でも走る気満々だなww


当然、雨なので雨具ですよ。まともなカッパはというと・・・

P6090076-1606016.jpg


ママさんのピンクのカッパね。私のはくたびれててボロボロなものですから。

これは釣り用で釣用品トップメーカーのグローブライドのもの。

雨は通さないけど内側の湿気は外に通すという優れもの。ゴアとは違いますが近い機能です。

自転車用ではないのでガサばるかな。色がちょっとアレですけど・・・

贅沢は言ってられませんので。性能重視ということで。


それから、↓これね。
P6090080-1606016.jpg


これは、100均のポンチョ。会場入りしてスタートまで雨だった場合、

ずぶ濡れで寒さに震えるのは耐えられないなと思いまして。

100均のポンチョなので使い捨てでよいのですが、もし捨てる場所が無かったら、

画像のように丸めてボトルケージに差して上ればいいかなと。重さも大したことないし。

世界遺産のお山にゴミ捨てるわけにはいきませんからね。



でね、最終的なラインナップがこれね↓

P6090078-1606016.jpg


①雨具(上下)
②フルフィンガーグローブ(5℃対応)
③ユニクロのダウン←やりすぎじゃないのか?
④シューズカバー
⑤アーム&レッグカバー
⑥パンク修理用品一式
⑦ロック
⑧補給食。多過ぎか?(山頂が混雑して何も食べられない時用ねww)


我ながらすごい量の荷物・・・キャンプか?夜逃げか?

まぁ、これ担いで上るわけじゃないからいいか?ということで。

リュックに入れてみるとギッチギチ!!?ドイターの12Lですよww

P6090083-1606016.jpg


しかも、非常用の菓子パン入らねぇ・・・

どうしましょ?現地で再度考えようということにしました。

ちなみに、この状態のリュックごと下山用のあのビニールに入りましたね。

実際に預けたのは①②⑤⑦⑧です。



当日の記事を読んでくださった方はご存知だと思いますが、

快晴・ドピーカン!5合目でもちょっと暑いくらい♪

普通のウィンブレ・フルフィンガーのグローブ・アームカバーで充分でしたwww

悩む必要なかったんですね。

それでも下山後半には鼻水がwww

あったかい吉田うどんがおいしかったな。


個人的に、雨前提の準備で良かったのかなと思ってます。

「備えあれば憂い無し!」ですね。次回も下山は重装備で参加しますよ~!



ではまた!




最後まで読んで頂いてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
↓ポチッとして頂けると幸いですm(__)m


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック