105 5800系 リアハブ フリーボディー分解 その2 2015-12-15



先日、自作した工具でフリーボディーを分解してみました。元に戻るかなぁ?

ではいってみましょう!

PC140994-151214.jpg


↑金属製のワッシャーにゴム?シリコン?をインサート成形した黒色のカバーは精密ドライバーで

軽くこじるとポロっと取れますよ。

PC140995-151214.jpg

PC140996-151214.jpg


前回メンテしてからあまり走ってないのでとってもキレイね。


さっそく、名づけて「自作ネジフタ回しA-01」で分解~ww

PC140997-151214.jpg


あのね、A-01はあちらの自作工具1号機ということで。

「そんな情報いらんわ・・・」って誰か言ったか?

ちなみに、ここは逆ネジね。時計回りで緩みますよ。フリーボディーがホイールに付いた状態で

緩めて、(緩めるだけねまだ外さないでね)

PC140998-151214.jpg


次にレンチ(対辺10mm)でフリーボディーをホイールから外します。

こちらは通常のネジ。反時計回りで緩みますよ。

PC140999-151214.jpg


な~んてさらっと分解したみたいに書いてますが・・・

実は、いきなりレンチでフリーボディーをホイールから外して、保持出来ずにネジフタ回しを

緩めることが出来ずに頭抱えて気絶しそうになったのは大目に見てね!←ノープランおじさんwww


後はあらかじめ緩めてあるネジフタを工具+ハンドパワーで外すだけね。

PC141001-151214.jpg

PC141002-151214.jpg


↑この画像に見えている25個のボール以外にもラチェット構造の下側にボールが25個入ってます。

中心部の部品(名前がわからないw)外すのが結構な堅さ・・・

注意深く当て物してゴムハンマーでコンコン。←大丈夫か?

あっけなくポロっと外れましたね。

ここにもシーリング用の金属ワッシャー+シリコンの部品があって、固めにはまってただけみたい。



PC141007-151214.jpg


ちょっと汚れてますね。(5000km走行後)おかしなスラッジとかはないみたい。

実は心配してたんですよ。

PC141012-151214.jpg


この構造、単純に金属同士が擦れ合いますよね?

しかも小さな鉄片2個(これまた名前わからずw)がかみ合うだけで

PC141015-151214.jpg


チェーンからの駆動力をホイールに伝えてるんですよねぇ。

構造がシンプルなだけにちょっとした不具合で機能しなくなると予測できますよね?

たとえば・・・

鉄片の磨耗・折損とか

C型のスプリングの磨耗・折損とか

水の浸入で錆びて動作不良とか(やっぱり雨って良くないよなぁ)

考え出したらきりがないような・・・

スプリング1本で自走不可だものねぇ・・・

小心者、心配性のポンコツおやじって誰か言ったか?

まぁ、この辺りはメーカーさんでも実績あるんでしょうけど。

フリーボディー自体は¥2.000代で売ってるみたいね。

面倒臭がらずにまじめにメンテナンスしましょ♪



で、各部品洗浄して組み直しなんですが、鉄片との摺動面はあまり粘度が高くなくて

油膜切れしないものが良いと思うのよね。

そうだった・・・デュラグリスしか持ってないww

先日、よさそうなグリスのアドバイスを書き込みで頂いてるのですが、まだ入手してなかった・・・


なにぶん、ノープラン+スーパーせっかちなものですから。悩むこと5分←短いねww

船釣りの電動リール用のグリスあるの思い出しましたよ。

最近のリールって水洗いできるんですよ。それ用のグリスね。

ちなみに、電動リールでいつもお世話になっているシマノのグリスね。

粘度もよさげなので使ってみようかなと←人柱ww良い子は真似しないでね!


あ、シマノさん、電動リールも宣伝したのでなにかプレゼントください!

贅沢は申しません。デュラホイールで十分ですので^^




PC141017-151214.jpg


ここ以外のボール部のグリスは選択肢のないデュラ君でwww

そうだ!今回から新兵器投入~!って、あちこちのブログの皆さんのパクリねwww

PC141022-151214.jpg


常々、指で塗ったり、爪楊枝で塗ったり、なんかスマートじゃないよなと思ってまして。

しかも、撮影用のカメラはベトベト・ジーパンもベトベト(ついなびる悪い癖)

おまけに部品に使用したグリスよりも、ふき取ったグリスのほうが多いんじゃねぇの?

というしょうもない悩みがこれでほぼ解決!

「ケチなだけだろ!」って聞こえた気がする・・・


PC141026-1512114.jpg


すっきりグリスが塗れますね。いい感じ♪

PC141027-151214.jpg


美しい!(自画自賛。だって誰も褒めてくれないんだもん。)

PC141029-151214.jpg


アウター側の溝にもシマノ電動リール用グリスね。何かください、シマノさん。←しつこい

PC141030-151214.jpg


アウターを回しながら入れるとラチェット部がすんなり入りますよ。

ここにもグリスを新兵器で適量塗りまして、

PC141034-151214.jpg

PC141033-1512114.jpg


仮止めして完了!

ホイールに装着してから本締め付け。締付けトルクは、え~っと・・・わかんないwww

調べなきゃ。カーボンパーツじゃないから適当でも良いような気がするけど・・・


でも、良かった。何も問題なかったし、元通りになって(笑)

今日はもう遅いから明日にしようっと。

ではまた。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
↓ポチッとして頂けると幸いですm(__)m

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

思い出しました

こんばんは。
例のグリスはフリー部分には使わないほうがいいと地元の自転車屋さんが言っていたことを思い出しました。
おそらくツメが滑って掛かりが悪くなるのだと思います。
例のグリスをフリーに使ってなくて良かったです。

>あり~さんへ

そうでしたか?!
ご丁寧なアドバイス、ありがとうございます。
たかがグリス、されどグリス、奥が深いですね。
私、人より多く失敗しながら覚えていくタイプなので←効率悪いww
臆することなくいろいろ試そうと思います。
今後とも、アドバイス頂けると幸いです。

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック