ボトムブラケット ベアリング メンテ 2015-10-23



前回、時間切れで途中終了していたBBのベアリングのメンテね。

本当は、ベアリング外周をフレームの内側から押せる治具があれば、

圧入したベアリングを取り外してどうにでもお手入れ出来るんですけどね。

それらしき治具はあるのですが非常にお高いのよね。

今度、ベアリング抜き治具作ろうかな。まぁ、数が売れないから高いんだろうけど。


で、なまけもののおじさんが試したのはGoogle先輩にお聞きしたところの、

「ベアリングのシールドを外す方法」ですよ。あ、あくまでも自己責任でお願いします。

私の真似してやらかしちゃっても責任とれませんのでwww

やりかたは非常に原始的。


まず細~い精密ドライバーをシールドの内輪側に「グサッ」っとね。以外にこれが勇気いるのよね。

「こわれたらどうしよ」とか「ボールに傷つけたらどうしよ」なんてね。←安定のチキン

カッターの刃を使う方もいるみたいね。その場合はシールド切らないように刃を殺さないとダメよね。

PA222048-151022.jpg

PA222037-151022.jpg


グサッとさしてそっ~とやさしくこじるとすんなり外れましたよ。

PA222039-151022.jpg


↑このような構造。薄い金属板の回りにシリコン?をモールドしてるだけの部品なのね。

単純に「プニッ」っとはめてるだけなのね。な~んだ。以外につまらない構造(笑)



PA222043-151022.jpg


シールド外すとボールと樹脂製のリテーナーがお出まし~!

ちょっと汚れてるかな?グリスはあまり入ってないような・・・

グリス少なめで粘度が低い方が良く回るんですけどね。

極論、グリスは無いのが一番回りますよ。すぐに終わっちゃうけどwww

これ以上は分解出来ないのでパーツクリーナーでシュ~!フレーム内に液が入り込まないように

詰め物してクリーニングね。

でね、ここでプチハプニング?!


反対側、チェーンリング側のベアリングのシールド外してみると・・・なんか変?

PA222054-151022.jpg


リテーナーの向きが違ってる・・・・というか、右と左でベアリングの向きが反対・・・

何も考えずにリテーナーを外しちゃいまして、外した時にあることに気が付きましたよ。

「あ、ボールがハウジングの下側に全員集合してる」ことに (・・;)

どうやってリテーナー戻しましょ?(笑)←笑い事じゃないよね



結局、クリーニング後にボールが動かない程度にグリスを入れてリテーナーを近づけて

目見当ですが同じようなピッチにボールを配置、神様に「どうか入りますように!」ってお祈り

しつつ挿入~! あ、神様に相手されてないんだった・・・

入らない・・・繰り返すこと2回目で無事リテーナー装着完了!

PA222059-151022.jpg


デュラグリスしか持ってないのね(笑)どなたか、お勧めがあったら教えてください!

そのうち、ベアリング打ち直すときには前もってシールド外して向きを確認して入れましょ!

次はちゃんとベアリングの圧入外してお手入れする方向で。

日曜日晴れるといいな ♪





最後まで読んで頂いてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
↓ポチッとして頂けると幸いですm(__)m


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック