ブレーキが効かない?! 2015-08-18



先日、勤め先からの帰宅途中ブレーキが効かないような・・・

特にリアブレーキレバーの動きがおかしい・・・←鈍感

帰宅して見てみると、ありゃりゃ~ご覧の通り。ダメよね。

P8130606-150813.jpg


外してみたら、フロントはまだしもリアのほうはワイヤーが動かない状態。

当然ブレーキシューがリムに触ってる状態ね。

だから遅かったんだねぇ~通勤の時・・・ (^^ゞ←通勤時だけじゃねーぇだろ!


で、一番安いケーブルセット(¥1092)に交換ね。

P8130607-150813.jpg


このセットお買い得ね。ロード・MTBどちらでも使えるのね。

アウターケーブル2.2mとワイヤーケーブル2本。このワイヤーはね、片方がロード用のエンド

形状でもう片方がMTB(クロスバイク)用のエンド形状です。アウターに被せるキャップと

ワイヤーの端末処理に使うキャップも付属しているのでこのセットひとつでブレーキケーブルの

交換が出来るんですね。


ということで肝心の交換なんですが、やったことないの(笑)

まぁ、同じ長さにカットして交換すれば良いのだろうけど、ちょっと悩んだのがワイヤーを切る事。

チェーンカッターなんて気の利いたものないし、仮にチェーンカッターで切ってもバラけるでしょ?

バラけても付属のアルミのキャップ?(名前わかりません)被せてカシメちゃえば良いんですけどね。

ふと思ったのが、切る前にハンダすればバラけないなと。

昔、近所の自転車屋のおっちゃんがやってたの思い出しましたよ。あのおっちゃん元気かな?

P8130608-150813.jpg

P8130611-150813.jpg


こんな感じ。カットした後、尖ってたので先端のみ再度ハンダしましたよ。

これならワイヤー抜いて掃除してオイルさしてなんて事がすぐに出来ちゃうな。

すんなりとハンダが乗ったのでワイヤーは「鉄」だね。もう少し良いやつだとステンレスかな?

ステンレスの場合はそれ用のハンダとフラックス使えば良いですね。

アウターも初めてカットしましたが、表面の樹脂部の下に鉄製のフレキシブルな管とさらに内側に

テフロンチューブが入ってましたよ。でね、問題は鉄製の管ね。ニッパーやペンチで切っても

潰れずに切れるのですが、柔軟性を持たせるために管の外周に螺旋状の溝が入ってるのよね。

そのせいもあって綺麗に切れないのね。

切れないものは仕方がないのでヤスリで平らにスリスリwww

P8130612-150813.jpg


ダイヤモンドじゃない普通の鉄工ヤスリで削れたのでステンレスか焼きのあまい鉄なんだろな。

小一時間程かかって無事完了。次回は20分だな。

P8130615-150813.jpg

P8130616-150813.jpg


交換後の聞き具合は「あら!こんなにブレーキ効いたかな?」というほどの激変。

今までで一番の効き具合!ビックリ!!頂いた時よりもいい感じ!

「安物だからしょうがないか・・・」ではなかったのね。もっとちゃんとお手入れしなきゃね。

雨で汚れてたので綺麗に洗車して・・・

P8130617-150813.jpg

P8130618-150813.jpg


明日からも毎日元気に自転車通勤だね!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック