ロングライドその後 2015-03-19


先日のロングライド時に痛くなった左膝の外側。

なぜか月曜日にはほとんど収まり、「なんでだろ?」な感じ。

ジジィなので、無理はせずに「そ~っと」ペダルを回して自転車通勤。

痛みは無く少し疲れている感じ。

今回はちょっとまじめに対策考えようかなと。できるのかしら?・・・



反対側の「右足君」ロング走る前も後も元気一杯・・・

なんなんですかねぇ。この差は。

昔よく遊んでもらったマッカチン(ザリガニね)で左右のハサミが

異様に大きさの違う奴が居たのを思い出しましたよ←あんたはザリガニか?(笑)


事実、片足でペダリングすると右は普通に回せるのですが、

左は右に比べてスムーズじゃなくて、明らかに弱いのね。

それから、クリートの着脱回数も当たり前ですが左側が多いですよね?

これも影響あるのかな?私のようなおっさんの場合・・・

いろいろ調べて見ましたが極端な0脚・X脚では無いみたいです。

クリートの前後・左右・角度については、現状、購入時のまま。

あ、左は先日いじっちゃったので右だけそのままね。

膝の外側が痛くなる場合はQファクターを広げる方向が良いのだとか?

前後位置についても今まで何にも考えずに「わ~い♪FENIXだぁ!」って

乗っていただけなのね(笑)

今一度、見直しをかけてみます。

が、ここで新たな疑問が。どうやらペダルのシャフト部分と足の親指の

母指球を合わせなければいけないのですがどうやって合わせるのかしらね?

素足で母指球はわかるのですが、シューズをはいた時点ですでにわかりません。

さらに、クリートとペダルの位置関係はどうなってるのかしらね?

出来れば測定数値など、何か再現性のある方法があればいいなと。

でないと、シューズ買い換えたらまた位置が???ということに。

え?シューズは買い換えませんよぉ(笑)

他にも欲しいものた~くさんありますからww

このほかにもカント角や足の長さの問題もあるんですね。知りませんでした。


「もし左膝が元気だったらもっと走れたのになぁ」なんて妄想が(笑)

ともかく今後の対策は以下の通りね。


(1)右は問題ないので基本そのまま。

(2)左側クリートの前後位置をまず最適位置に。
その手法を考えるところからね←言うのは簡単よねw

(3)左側クリートの角度はまっすぐにする。黄色のクリートで遊びがある
タイプなので。

(4)左側クリートの左右位置は当初調整幅のセンターとして、様子をみながら
Qファクターを広めに設定していく。

(5)左右の足の長さが違うかも?というアドバイスを頂いたので、
クリートの前後位置の最適位置を変えずにスペーサーで長さ補正をする。


とりあえずこんな感じでトライします。これで対策出来れば良いのですが・・・

単純に左足がへなちょこでたくさん乗ってるうちに自然に対策できちゃった!

なんてことになればいいのになぁ←基本楽観主義w

蛇足ですが、足以外の痛みはというと、左腕の小指と薬指が走った当日すこし

しびれてました。それから右側の首の付け根と肩甲骨の間辺りがこってました。

なぜか、お尻はなんともありませんでした。

安物の「とりあえずサドル君」ありがとう!←メーカー名すら忘れてるww


しかしこの対策、なにげに時間がかかるんでないの?


今週末(3/22)のサンデーライドは膝の痛みは無かったのですが、

小心者のおじさんはそ~っとコギコギ。

来週はいつもの「悪あがき」しちゃうよん♪



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック