GSX1300R マフラー取り付け・取り外し 2014-09-03

以前マフラーの脱・着について「もう少し詳しく」というご意見が有りました

のでUPしたいと思いますね。

あくまでこれは私がいつもやってる方法なので、ベストかどうかは?です。

冷却液・オイル抜いてなんて事はしない手抜きなんです(笑)

カウルの外し方はもうあちこちでUPされてるので割愛しますね。

私はいつも後輪前のアンダーカウル→右カウル→左カウルの順番で

外しますよ。

DCIM0031-140804.jpg


↓カウルを外し終わったこの状態からね。

DCIM0032-140904.jpg


まず、ラジエター下側とオイルクーラー上側の中心部分のボルトを緩めて

DCIM0033-140904.jpg


オイルクーラー最下部のボルトを緩めます。

DCIM0034-14904.jpg


それからホーン(警笛ね)をステーごと外します。

DCIM0035-140904.jpg


続いて、ラジエターとフレームを連結している左右のボルトを外します。

DCIM0036-140904.jpg

DCIM0038-140904.jpg


これでオイルクーラーとラジエターは一体のままエンジンブロックとフレーム

から分離できます。

ラジエターとフロントフェンダーの干渉を嫌うのであれば以下のように

DCIM0037-140904.jpg


ダンボールとガムテープで養生ね←トホホな貼りかた(笑)

ピースサインが出来る程度にはクリアランスが出来ますよ。

DCIM0039-140904.jpg


マニーホールドの脱・着にはこれが必須。6mmのトルクスソケット。

DCIM0041-140904.jpg


普通のだったら¥1.000しないで買えますので。

あとこのソケットを回すラチェットも必要ですね。本当はトルクレンチで

きちんと締めないといけないんですが、私の場合は手ルクレンチ(笑)


これでも外しにくいという方は冷却液・オイルを抜いて、ラジエター・

オイルクーラーを撤去すれば完璧です。

私は手が小さいのでいつもこの方法ですよ。

DCIM0043-140904.jpg


いかがでしたでしょうか?まだ解りにくいかしら?

参考になれば幸いです♪

まぁ、業者さんにマフラーを付け替えてもらうだけで結構な金額とられ

ますからね。自分でいじるのも趣味としては悪くないですよね?

DIYなので費用は掛かりませんが、不具合のあった場合は、

自己責任で (^_^)ゞ

純正のマフラーって重いよねぇ。ヨシムラと16kgも差が有るもんねぇ。

小学生乗せて走ってるのと同じだもの。

純正マフラーって、いちばん出っ張ってるから

すり抜けるの気をつかうしね。ついついマフラー替えちゃうのよね。


そろそろ暑さもピークを越えたし走りやすい時期になりますね。

どこ行こうかなぁ。←たまには家でじっとしてろ(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック