クロスバイク チェーン交換 2014-06-07


先日とりあえず、チェーンを2コマ詰めて様子を見てみたのですが、

ギアクランクのチェーン外れのトラブルはやはり発生しました。

1回だけですけどね。新しいチェーンが届いていたので交換することに。

現状のチェーンと同じコマ数で比べてみると案の定伸びてますねぇ。

DCIM1531-140605.jpg


コマの数合わせて新しいチェーンをカットね。

DCIM1533-140605.jpg


で、ミッシングリンクでコネクトしてサクッと終了~のはずが・・・

固くてくてはまらないのよ。どうしたものか考えて仕事柄はめあい確認ね。

ミッシングリンクの内側の幅は4.84mm。

DCIM1535-140605.jpg


チェーンの幅は4.68mm。

DCIM1538-140605.jpg


ミッシングリンクとチェーンのクリアランスは0.16mmか。

ノギスの測定なので0,01mm単位はあてになりませんけどね(笑)

でもね、結構正確よ。ノギスで測るの慣れてるの

仕事柄、0.16のクリアランスは「はめあい」なんてレベルじゃないなと。

「ガタガタ」ですよね。でも、よく考えてみると、シングルのギアクランクに

対して7速のリアスプロケットの振り幅を考えると適正なのかな?

クリアランスが有るのに固くてはまらないとはこれいかに??

よくよく観察した結果、ミッシングリンクのシャフト部が所定の穴位置に

スライドする過程でおそらく0.1mm程度の段差を超えて乗り越えて

スライドするのが目視で確認出来ましたよ。

無理矢理はめてしまえば0.16mmのクリアランスが出来るので、

スムースに可動するのですが、それでは工具を使わないと脱着が出来なく

なりますよね。

そこで片側0.05mm程度のすり合わせをしましたよ←金属加工本職ね

DCIM1539-140605.jpg


オイルストーンでラップしてみましたよ。チェーンもミッシングリンクも

平面出てない(笑)

ミッシングリンクは穴加工の周囲にツブシ加工がしてあるし、チェーンには

バーリング加工がしてあるもんね。特殊な追加工(高価)をしない限り

精度の良い平面はできるはずがないよね。

チェーンはまだまだ改善の余地有りだな。

DCIM1541-140605.jpg


で、このようにラップ作業である程度平面を作りましたよ。

DCIM1536-140605.jpg


ラップ後の寸法は4.53mmね。これですんなり組み付け完了♪

DCIM1542-140605.jpg


チェーン引っ張っても隙間無しね。いい感じ!

で、翌日雨の合間に降られるんじゃないかとビクビクしながら江戸川へ(笑)

DCIM1552-140605.jpg


野田橋。増水中(笑)

DCIM1555-140605.jpg


流山橋。

DCIM1557-140605.jpg


寅さん記念館ね。

およそ55km走ってみましたよ。不必要にギアチェンジしながら(笑)

結果は上々!!問題なしね。

こんな天気でいつ降るかわからないのに走ってるロードバイク10台ほど

すれちがいましたよ。あんたも好きねぇ(笑)←お前もだろ!



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック