糖質制限(1) 不健康診断 数値ボロボロ

現在は予想外に改善完了したので、戒めの意味を込めまして、

それから私と全く同じような状態の方の参考になればと思いまして

ブログにUPすることにしました。思い出しながら少しづつね。



2013年9月初旬、健康診断の結果がボロボロ・・・

本当はお見せしたくないのですが、数字出さないと説得力ないでしょ?

内容は以下の通り (×_×)

血圧・・・・・・168/126
γGPT・・・・510
HBA1C・・・8.5(平均血糖200mg/dl)
体重・・・・・・80.4kg

話にならない状態。考えてみればこの一年間で10kgくらい太ってる。

好き勝手に飲んで食べて、運動はほとんど無し。

さらに年齢的に代謝も落ちてるだろうし。(1963年製)

これじゃぁ、おかしくなるのあたりまえだよなぁ。

とりあえず、さっさと近所の内科へ行ったところ、血圧と血糖値を抑える薬を

合わせて4種類飲むことに。当然「痩せなさい!」とも言われました。

好きな釣りもとりあえずペースダウンして数値を戻さないと・・・

健康第一ということで。私らしくないと家族に笑われました。


私が一番ショックだったのは「糖尿病」。私の亡くなった母もそうでした。

漠然とした糖尿病のイメージとしては、「合併症」「インシュリン」

「人工透析」「失明」「手足の切断」などなど恐ろしいものばかり。

実際には母は交通事故で亡くなったんですけどね。

よく、月1回の通院の前2~3日だけ節制してたっけ(笑)


このままだと、70歳になったらハーレー乗るなんて到底無理だものね。

病院で指示されたとおりに一日1500kcalの食事で毎日1~1.5h

歩きました。

1ヵ月後。

血圧・・・・・・110/95←体重減ったのが好影響?
γGPT・・・・530←この時まだ、禁酒してませんでした。ダメですね。
HBA1C・・・8.7←測定誤差もあるだろうけど悪くなってるじゃん!
体重・・・・・・76kg

微妙に悪くなってました・・・運動も歩く程度じゃ意味ないか?

医師:「まぁ、こんなものですよ。糖尿病は完治しないので、あせらず

少しずつ頑張っていきましょう(笑顔)」

私:「少しずつってどのくらいでしょうか?」

医師:「一生お付き合いする病気ですよ(笑顔)」

私この会話でなぜか、へこむより心の底から「怒り」がわいてきましたよ。

当然こんな健康状態にしたのは私自身で悪いのは私。

この先生になんの責任もありませんね。(先生ごめんなさいね。)

でも私には「どうせ治らない病気なんだから

そんなに焦らないで死ぬまでごまかしごまかし薬飲んでなさいよ。」

って聞こえちゃったのね(笑)へそ曲がりの私、

「さっさと数値戻して薬も必要ないようにしてヤブ医者の鼻をあかしたる!」

なぁ~んて変な方向にやる気スイッチが入っちゃいました。


スッ短気でせっかちな私、なんとかするべくネット検索←いつものパターン

単細胞な私「血糖値が上がる原因」から調べましたよ。

血糖値を上げる原因はズバリ、「糖質」でした。

私達の食べ物を大雑把に分類すると、炭水化物(糖質)・たんぱく質・脂質

の3種で糖質がクセモノみたいね。

ちなみに炭水化物=糖質+食物繊維ですからね。

食物の中で糖質が血糖値を上げる唯一の原因なのだとか。

糖質は、要するに砂糖を筆頭に甘い物ね。

知らなかったのは、甘くない白米・小麦粉・でんぷんも糖質のかたまり

だったのよね。知りませんでした!

寿司・ラーメン・チャーハン・牛丼・パスタ・ピザ・うどん・スィーツ全般・

調味料等々、要するに私の好物ほぼ全滅。

食べるものないじゃん←私の率直な感想(笑)

とにかく原因がわかったので対策しましょ!

問題はどうやって実行するかだね。ネット検索の旅はつづく。

あら、今回は写真ないなぁ。芸風かわったか?



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

“あちら”

Author:“あちら”
カワハギ釣り大好き。いまだに船酔いするのね。バイクHAYABUSA乗ってます。2014年12月、RIDLEY FENIX でロードバイクデビューしました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
このブログはリンクフリーですよ♪
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック